本文へスキップ

社会福祉法人迫川会 いちょうの里は、出会い、触れ合い、助け合いの精神を大切に、一人ひとりの幸福作りに努めます。

TEL. 0228-22-7890(デイサービス)

〒987-2203 宮城県栗原市築館字下宮野館108

通所介護・介護予防通所介護              Day survice

運 営 方 針 【H30.4.1更新】     【いちょうの里デイサービスセンター】

 介護保険法に従い、利用者が、その有する能力に応じ可能な限り自立した日常生活を営むことが出来るよう、入浴・排泄・食事等の適切な介護とその他の日常生活上の世話及び機能訓練の支援を行なう。

事 業 内 容

ア.利用定員
 
1日あたり 35名

イ.サービス利用時間
 
@7時間〜8時間 9時20分から16時30分まで
          (送迎は前後1時間程度)
 A6時間〜7時間 遠距離の利用者が時間内に到着しない場合。
 B5時間〜6時間 計画、体調、都合に合わせて実施
 C4時間〜5時間 計画、体調、都合に合わせて実施
 D3時間〜4時間 計画、体調、都合に合わせて実施
 ※要支援者は基本10時〜15時30分とし、送迎の状況により要介護者と同時
  間利用もありえることとする。

ウ.送 迎
 @乗用車、リフト装備車の2種類で送迎する。
 Aリフト車両はシルバー運転手と協力し送迎する。
 B送迎エリアは築館地区を基本とし近隣地区とする。お迎えは営業時間から利
  用時間の9時20分に間に合う時間で送迎する。(概ね往復1時間圏内)
  ※時間短縮利用者に限り、、担当ケアマネジャーと交渉により実施する。

エ.契 約

オ.居宅支援計画書の内容に沿ってのアセスメント、サービス計画書の作成。

カ.モニタリング、評価

キ.サービス担当者会議

ク.介護保険請求

ケ.日常動作訓練・機能訓練において(介護予防・通所介護共通)

  ・介護計画及び介護予防サービス計画に沿い、利用者が必要とする援助を明
  確にした上で行う。
  ・日常の生活を主体とし、指導しながら身体を動かすことを実施する。
  ・計画上の機能訓練を実施。身体機能維持、向上を図る。(平行棒歩行訓練、
  昇降階段訓練等)

コ.園芸療法について(介護予防・通所介護共通)
  ・要支援者に対しては介護予防サービス計画に沿い、利用者が必要とする援
  助を明確にした上で行う。
  ・要介護者においては、趣味活動の一環として楽しみの分野で行う。

サ.健康管理について(介護予防・通所介護共通)
  ・利用者の健康管理は介護予防及び通所介護で行うサービスの基本事項で
  ある。
  ・家族や主治医などと連携を密にし、日常生活で記録されたデータを分析整
  理しながら健康管理を行う。問診、体温、脈拍、血圧、体重測定などの記録
  も行う。
  ・体調が思わしくない場合や感染症などの疾患がある場合、入浴は中止する
  。
  ・急変時や事故などの場合は家族や医療機関などに連絡を取り、必要な対応
  を行う。

シ.食事について(介護予防・通所介護共通)
  ・栄養士献立によるバランスの取れた美味しい食事を提供し、他利用者と一
  緒に食することを通じて、食べる意欲・楽しみが増すように努める。
  ・病気と治療と健康管理の面から食事を考え、自力摂取を目指すことから見
  守り中心とするも、必要に応じて利用者のペースに合わせた食事介助を行
  う。
  ・利用者の食の好みを取り入れた献立を、栄養士と話し合い提供する。

ス.入浴について(介護予防・通所介護共通)
  ・一般浴槽、特殊浴槽の2種類での入浴を実施する。
  ・清潔保持とリラクゼーション効果、又は血液循環促進などを目的として希望
  者に入浴を行うと共に、自立を目指すため見守り中心とするも、必要に応じ
  て一部介助や特殊浴槽での入浴も実施する。
  ・準温泉(鉱石)を使用し、利用者の痛み軽減、保温効果と精神的安息を図る
  。
  ・入浴に際し、利用者の身体状況をチェックし健康管理に努める。

セ.送迎について(介護予防・通所介護共通)
  ・安全運転第一を常に心がけ、かつ利用者の状態を把握しながら実施する。
  また、必要に応じては、センターに待機している職員と無線などを使用し連
  携を図る。

ソ.権利の擁護や人格の尊重について(介護予防・通所介護共通)
  ・個人の権利や尊厳が侵されることの無いように日常から心掛ける。
  ・プライバシーの保護に努める。苦情などがある場合には早急に対応する。

タ.主体的に参加できる活動作りについて(介護予防・通所介護共通)
  ・自主性を養い、楽しみながらADLやQOLの維持もしくは向上を目的として
  、レクリエーションや趣味の活動など様々な活動を計画的に実施する。

チ.年1回利用者、家族へのアンケートを実施しサービスの評価を行う。

ツ.施設設備整備事業及び交流事業
  ・大規模災害の発生に備え、利用者の生命を守り安全確保を図る視点から、
  避難場所及び避難通路の整備を行い施設と合わせ、年2回の避難訓練を実
  施する。
  ・送迎コースにより利用地区(危険エリア)の把握を行い、災害時の安否確認
  を外部サービスと協力し把握する。必要によりショート事業と協力体制をと
  る。
  ・ボランティア活動、実習、研修等の受入促進及び休館時、地域住民へ施設
  を開放し交流の場を提供する。
         


平 成 3 0 年 度 重 点 目 標

@個別機能訓練を充実させながら、利用者の身体機能向上について取り組む。

A職員の介護福祉士、介護支援専門員、各種資格取得を目指す。

B利用者の獲得、月間平均利用者数22名以上を目指す。。

C利用者の転倒事故、車輌交通事故0件を目指す。

D業務簡素化に努め、利用者に関わる時間を増やす。

E利用者家族との交流機会を作る。

バナースペース

社会福祉法人迫川会 いちょうの里

〒987-2203
宮城県栗原市築館字下宮野館108

TEL 0228-22-7887
FAX 0228-22-6600