本文へスキップ

社会福祉法人迫川会 いちょうの里は、出会い、触れ合い、助け合いの精神を大切に、一人ひとりの幸福作りに努めます。

TEL. 0228-22-7867(介護支援事務所)

〒987-2203 宮城県栗原市築館字下宮野館108

介護支援事務所               Home care support office

住宅改修費支給 (介護予防住宅改修費支給)

 
 
事前に市町村へ申請したうえで、手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をしたとき、改修費が支給されます。                    事前の申請が必要です

 要介護1〜5  要支援1・2
介護保険でできる住宅改修の例

 
★手すりの取り付け        ★引き戸などへの扉の取り替え  

 ★段差の解消           ★和式便器を様式便器などに取り替え

 ★滑りにくい床材に変更      

 ★上記の工事にともなって必要となる工事

 
【利用者負担について】

★いったん利用者が全額負担します。あとで市区町村に申請すると、20万円を
 上限に費用の9割が介護保険から支給され、1割を負担します。一定以上所得
 者は平成27年8月から8割が介護保険から支給され、2割を負担します。
★引っ越した場合や要介護状態区分が大きく上がったときには、再度給付を受
 けることができます。


★利用手続きの流れ★

ケアマネージャーなどに相談



施工事業者の選択・見積もり依頼



市区町村へ
事前に申請(※1)/市区町村による確認



工事の実施・完了/支払い(全額)



市区町村へ領収書などを提出(※2)



住宅改修費の支給(費用の9割)



 申請に必要な書類(※1)  提出に必要な書類(※2)
 住宅改修費支給証明書  住宅改修に要した費用の領収書
 工事費見積書  工事費内訳書
 住宅改修が必要な理由書  完成後の状態を確認できる書類
(改修前、改修後の日付入りの写真を添付)
 改修後の完成予定の状態がわかるもの
(写真または簡単な図を用いたもの)
住宅の所有者の承諾書
(改修の利用者と住宅の所有者が異なる場合) 

 【受領委任払制度】

 
特定福祉用具購入費または住宅改修費は、利用者が費用の全額を支払い、その後に介護保険から支給されるという、いわゆる「償還払」を基本としています。
 「受領委任払」とは、利用者が特定福祉用具購入費用・住宅改修費用を1割(又は2割)で済むようにすることで、利用者の一時的な負担を軽減するための制度です。
 残りの9割(又は8割)については、介護保険から事業所に直接支給します。


※栗原市「あんしん 介護保険」より

バナースペース

社会福祉法人迫川会 いちょうの里

〒987-2203
宮城県栗原市築館字下宮野館108

TEL 0228-22-7887
FAX 0228-22-6600