本文へスキップ

社会福祉法人迫川会 いちょうの里は、出会い、触れ合い、助け合いの精神を大切に、一人ひとりの幸福作りに努めます。

TEL. 0228-22-7887

〒987-2203 宮城県栗原市築館字下宮野館108

特別養護老人ホーム           pecial elderly nursing home

運 営 方 針        特別養護老人ホーム いちょうの里(従来型)】

(1)入苑者に関すること
ア.利用者に対し計愛の精神をもって、心身の健康保持とその自立を助長し、施
  設での日常生活を楽しく、豊かに過ごすことが出来るように支援する。

イ.介護保険制度の理念に基づいた生活の支援を行う。
 (理念ー自己決定・残存機能の活用・サービスの継続性)

  ・個々の意思を尊重した支援を行うことと、プライバシーの保護及び配慮に努
  めること。
  ・自立生活支援のために、個々の障害の程度に合わせた残存機能の活用とA
  DL(日常生活動作)の維持・向上のための援助を行う。
  ・行事及びクラブ活動等の実施により、個々の心身機能の維持や自己実現に
  向けて援助を行う。
  ・個々の介護サービス計画を作成し、継続性のある一貫した個別処遇が行わ
  れるように支援する。
  ・転倒等による事故防止に努めると共に、支援する。
  ・利用者のより快適な生活のための環境作りに努めると共に、支援する。

ウ.利用者の健康管理に努め、健康の維持増進を図るよう支援する。
  ・定期的健康診断と日々の健康チェックにより、疾病の早期発見及び対応(嘱
  託医・協力病院の協力)に努めるよう支援する。
  ・利用者生活空間の衛生管理により感染症予防に努めるよう支援する。

エ.利用者の意見を伺いながら地域の行事等に参加し、地域交流を図れるよう支
  援する。

オ.高齢者の食生活の基本を踏まえ、栄養バランスのとれた食事を提供する。

  ・食事の個別化を推進し、利用者の嗜好、個々の健康状態に合わせた食事作
  りに努め支援する。
  ・季節に合った郷土料理を研究し、献立に反映するよう努め支援する。
  ・味、香り、温かさ、冷たさ、料理の盛り付け、食卓等に気を配り、美味しくバ
  ランスのとれた食事提供に努める。
  ・行事食等による楽しい食事の提供を心掛け、支援する。
  ・食品衛生及び厨房内の衛生管理に努め支援する。

(2)施設設備整備事業及び地域交流
ア.大規模災害の発生に備え、自力非難が困難な利用者の生命を守り安全確
  を図る視点から、避難場所及び避難通路の整備、また、消防署・地元消防団・
  地保元婦人会及び地域住民を含めた災害時の協力体制を整備し強化を図る
  。

イ.福祉教育と地域福祉事業の理解のため地域住民への啓蒙活動を行う。

ウ.ボランティア活動・実習・研修等の受入促進及び地域住民への施設開放を図
  る。

令和3年度重点目標  特別養護老人ホーム いちょうの里(従来型)】

 一人ひとりが生きがいを持ち、心豊かに安心した生活が送れる支援に努め、自立支援と潤いのある生活を送って頂く、支援に努め、今年度の目標を下記の通りとする。

ア.職員教育、育成の方法を確立し働きやすい職場にしていく。特に新人の教育 を重点的に行い、職場定着できるように努める。

イ.利用者の楽しみ(活動)に関するボランティアの活用を確立する。

ウ.利用者との面会については、感染予防を考慮した方法に取り組む。

エ.職員は、福祉、医療等に関する資格を積極的に取得し、専門性のある業務を 行う。

オ.整理、整頓、清潔を心がけて働きやすい環境の維持に努める。

カ.入隊所に伴う空床削減に努めるなど、入所率96.0%以上を目指す。

【介護士】
キ.尊厳を重視して言葉遣いに注意し、利用者本意の支援を行う。

【看護師】
ク.利用者の健康状態の変化や以上を早期発見し、一人ひとりに寄り添い安定した健康維持に努める。

【食事・栄養】
ケ.「食べる楽しみ」を重視し、美味しく安全な食事の提供に努める。

平成30年度重点目標       【いちょうの里ショートステイ】

 一人ひとりが生きがいを持ち、心豊かに安心した生活が送れる支援に努め、自立支援と潤いのある生活を送って頂く、支援に努め、今年度の目標を下記の通りとする。

ア.利用者の立場になり、思いやりのあるケアに努めていくとともに、穏やかな気
  持ちで過ごせるような雰囲気作りに配慮していく。

イ.家族様に対しても、身体的・精神的介護負担軽減とリフレッシュが図れるよう
  に支援する。

ウ.身体を動かす機会や趣味活動等、個々に合わせた取り組みを行いながら、心 身機能の活性化につながるよう余暇時間を充実できるよう支援する。

エ.利用者のニーズに対応できるように送迎体制を整備し充実していく。

オ.定期利用の継続と、新規利用の獲得により、月平均利用率90.0%以上を目 指す。

【長期共通】
カ.尊厳を重視して言葉遣いに注意し、利用者本位の支援を行う。

キ.職員は、福祉、医療等に関する資格を積極的に取得し、専門性のある業務を 行う。

ク.職員教育、育成の方法を確立し働きやすい職場にしていく。特に新人の教育を重点的に行い、職場定着できるように努める。

ケ.利用者との面会については、感染予防を考慮した方法に取り組む。

バナースペース

社会福祉法人迫川会 いちょうの里

〒987-2203
宮城県栗原市築館字下宮野館108

TEL 0228-22-7887
FAX 0228-22-6600